天神様

天神様の由来

天神様の由来

菅原道真公は平安時代を代表する大学者及び政治家で教育の祖と言われています。

北の天満宮に天満天神として祀られ、学問の神として全国の人々の信仰を集めています。

書聖の一人である道真公を描いた掛軸は、子供の健康、成長、学業成就を願い、元旦から1月25日まで天神様の日として掛けます。

※当店では、掛け軸の修復を致しております。ご相談ください。

天神講

天神講

寺子屋の時代、どこの学校でも年に一度の「天神講」の日がありました。

いつもとは違って、日暮れを待って学校に集まります。それだけでも子どもたちは嬉しいものです。教室の正面には天神様の画像を掛け、まずは先生と一緒に持ち寄った弁当を開き、終ったところでそれぞれ「奉納天満天神」などと清書します。書きあげたものは天神の社に納めて習字の上達を祈りますが、ところによってはそれを火鉢で燃やし、燃え上がる炎の高さで今後の進歩を占ったともいいます。

天神様こと菅原道真は、今から1,100年ほどの昔、藤原一門の天下の中で、その卓抜した学識をもって宇多天皇のご信任を得た人でした。和歌や漢詩はいうに及ばす、書でも文章でも天才ぶりを発揮していたそうです。

昭和になって、1月2日になると天神像の前で子どもたちが書き初めをして、学問の上達を願いました。学校では天神様の絵を描く冬休みの宿題も出され子どもたちはそれぞれが自分の家の天神様を描きました。

破魔弓

男の子の初めてのお正月には破魔弓を飾ります。文字通り、魔を破る弓。
弦を引いて音を鳴らし(鳴弦の儀)邪気を払い、雄々しく健やかに育てと願いを込めて飾ります。

天神講
天神講
天神講