ひな人形

桃の節句とは

桃の節句とは

三月三日を女の子の節句として、お雛さまを飾ってお祝いするようになったのは、江戸の頃からだといわれています。

しかしそのルーツは、平安の頃の「ひいな遊び」と、ひと型に自分の厄や災いを移して川や海に流した「流し雛」の行事が結びついて生まれたお祭りです。

ひな祭りは、ひな人形が身代わりになってその子に災いがかからないように、そして幸せに育ちますようにと願いを込めて飾ります。

ひな人形いろいろ

ひな人形いろいろ
ひな人形いろいろ
ひな人形いろいろ

■七段飾り
一般に言う「段飾り」です。親王(二人)・官女(三人)・五人囃子(五人)・随臣(二人)・仕丁(三人)の、全部で十五人います。嫁入り道具が付いてとても華やかで、デラックスです。

■三段飾り
親王・官女と五人いますので、五人飾りともいいます。
最近、三段飾りに五人囃子を足して、十人で飾る場合もあります。大きさはいろいろありますが、お人形・台・屏風のデザインで楽しみが広がります。

■一段飾り
親王飾り(平飾り)とも言います。お殿様・お姫様の二人飾りです。

羽子板

羽子板

女の子のお正月飾りです。羽根つきに使う羽根の黒い玉はむくろじという大木の種でできています。漢字では「無患子」、子が患わないと書きます。これを羽子板で突くことで子どもは一年間病気をせずにすむと言われています。

初めてお正月を迎えられる女の子のお正月飾りです。1月上旬から下旬にかけて贈ります。