五月人形・鯉のぼり

端午の節句とは

端午の節句とは

五月五日は「端午の節句」=「菖蒲の節句」

鎧・兜で身を守ってもらい、怪我の無いよう丈夫で元気な男の子に育てと願いを込めて・・・。

菖蒲には、邪気や悪魔を祓う力があるとされています。鎧・兜は尚武のシンボル。「菖蒲」と「尚武」が同音であることから、男の子の成長を願う行事として、鎧・兜・武者人形などを飾るようになりました。

五月人形いろいろ

五月人形いろいろ
五月人形いろいろ
五月人形いろいろ

五月人形は鎧飾り・兜飾り・大将飾りと三つに分けられます。いずれか一種類選んで飾ります。

〈平飾り〉   鎧・兜・大将いずれかを5cm~10cmぐらいの厚みの平台にのせて飾ります。
〈一段飾り〉  鎧・兜・大将いずれかを30cm~40cmの高床台にのせて飾ります。
〈三段飾り〉  三段の段になっており、上段に鎧・兜・大将いずれかを飾り、中段に軍扇・陣笠・太鼓を飾り、下段に三宝セットなどを飾ります。
〈ケース飾り〉 鎧・兜・大将いずれかをケースに入れて飾ります。

大きさはいろいろあります。幅が40cm前後から大きい物で、120cm前後と種類が多く、飾る場所や、お部屋のイメージに合わせて飾られると良いです。
最近、洋間に飾られる家が多くなりました。和風と洋風の調和がとてもステキです。

鯉のぼり

鯉のぼり

その昔、男の子が産まれた家では、鯉のぼりを立て天の神が守護を授ける目印としたのが、鯉のぼりの起源だといわれています。

中国では黄河上流の竜門の急流を登り切った鯉は、龍となって天に登ったという伝説があります。

私たちの夢と希望をいっぱい膨らませて、ゆったりと泳ぐ鯉のぼりに子供たちの洋々とした未来を託します。